スノボーツアーのボード選び

スノボーツアーではボードやブーツ、ウェアや小道具などを全てレンタルできる手ぶらプランも沢山あります。
行き先や交通手段、宿泊などを選ぶだけで楽々手ぶらで出かけられるのが魅力ですね。

ツアーで楽しむためにはスノボーアイテムの選び方が大切です。

スノボレンタルの情報を求める人におすすめです。

慣れない道具で思ったように楽しめなかったら残念です。

ボードは垂直に置いた時に顎から鼻ぐらいまである長さを選びます。

一般的に身長マイナス15センチくらいとされてますが、慎重だけでなく体重や脚力も関わってきます。



目安より長いボードを選ぶと、スピードが速くてもブレずに安定しますが、遅くなると小回りがきかないためコントロールが難しくなります。


とはいえ最近はロッカーボードもあるので一概には言えなくなっています。


反対に短くするとスピードが乗った時にすごく不安定になってきます。

短くても太めで硬いと安定感がアップします。

遅くなった時にはボード操作がしやすくなりグラウンドトリックもやりやすく、初心者はエッジの切り替えしがしやすいです。
ボードの幅はブーツのサイズからマイナス1センチ前後が良いです。

自分の足に対して幅が細すぎるとターンした時に雪面に当たって危険です。
一般的にボードが長くなるにつれて幅も大きくなるため、身長は低いけど足が大きい人は注意したいですね。


板の堅さは、しなりやすさのフレックスとねじれやすさのトーションの2種類です。動作のほとんどが板をしならせるので、柔らかいほど少ない力でターンやジャンプをしやすくなります。
スピードが出てくると暴れてしまうことも多いので、あまりスピードを出さない初心者は柔らかい板を選ぶと間違いありません。

硬い板は、しならせるのに力が必要です。

パワーとタイミングが必要ですが、キレのあるターンや高いジャンプができます。

All Aboutに関する疑問にお答えします。

スピードが無い時や細かい動きをするには扱いが難しい面もあります。適切なボード選びでスノボーツアーを楽しみましょう。